将来を考えた上で美容学校へ通うメリットはある?

美容学校へ通うと国家資格である「美容師免許」を取得することができるため、将来的に美容業界で活躍したいなら大いにメリットがあります。
また、他にも「ネイリスト検定」や「コーディネーター検定」など様々な民間資格を取得できる美容学校もあるので、国家資格の美容師免許を軸に民間資格も取得しておくと仕事を見つけやすくなることは間違いありません。

基本的に美容師になりたいのであれば美容師免許は必須ですが、ネイリストやコーディネーターを目指すなら美容師免許がなくてもなれます。美容業界でどのような職種に就きたいのかによっても美容学校の必要性が変わってくるため、美容学校へ通うかどうかに悩む場合はまず職種から考えてみるのがおすすめです。実際に仕事を探すときは民間資格はあった方が有利なことは間違いありませんが、それよりも経験を重視されることも多いです。また、資格や経験以前に美容業界における横の繋がり(人脈)でも仕事の見つけやすさが変わるため、国家資格の美容師免許以外は働いてから必要と感じたときに取得しても遅くはありません。